手帳、ノートはシステム手帳が断然おススメな理由

スケジュール管理術

スケジュールはアナログ派?デジタル派?

あなたはスケジュール管理を手帳などの紙を使ったアナログ、もしくはスマホやパソコンを利用したデジタルのどちらでスケジュール管理を行なっているだろうか?

私はアナログとデジタルを併用している。それぞれのメリットデメリットがあり普段の生活によって合う合わないがある。そして、手帳はシステム手帳が確実オススメだと思う。その理由と私が愛用している手帳をご紹介しようと思う。

手帳、アナログの良い所、悪い所

手帳でスケジュール管理するメリット

  • アナログは紙に書く楽しさ
  • 自分好みにデコレーションする楽しさ
  • 物として残る
  • データが消える心配がない
  • 仕事中や会議中であってもスケジュールを確認する事が容易

などのメリットがある。

やはり、データが消える心配がないのはアナログの強みだと思う。スマホなどのデータとして残しておくと、何らかの理由で消去してしまうこともあるだろう。バックアップを残していれば復旧することも可能だが残っていなければどうしようもない。

また、社会人だと仕事中、会議中にスマホを出してスケジュールを確認しにくい。会社自体がスマホやパソコンでスケジュール管理を推奨していれば可能だが、多くの会社では難しいだろう。

手帳でスケジュール管理するデメリット

  • 手帳は常に携帯していないとスケジュールを確認できない
  • かさばる
  • 予定変更で書き直す際に紙が汚くなりやすい

などのデメリットがある。

手帳で全てのスケジュールを管理している場合は手帳がないと予定を確認することができない。休日などプライベートな状況では手帳がなくてスケジュールを確認できないことは多いだろう。

普段から手帳を携帯している人であれば、いつでも予定を確認することができるが携帯していない人の方が多いだろう。

スマホやPC、デジタルの良い所、悪い所

スマホでスケジュール管理するメリット

  • デジタルは常に携帯しているスマホのみでスケジュールを確認することができる
  • かさばらない
  • 予定変更があった場合でも簡単に書き換えられる
  • クラウドやウェブを利用すれば他の端末でもスケジュールを管理できる
  • 通知機能がある

などのメリットがある。

スマホでスケジュール管理をする最大のメリットと言えるのは、「いつ、どこ」でも予定を確認することが可能なところだ。休日に友達と遊びに行っている時でもスマホさえ持っていれば予定を確認することができる。

必ず外出をするときにはスマホを携帯して出掛けると思う。手帳のようにかさばらず、鞄が無くても持ち運べる為、好きな時に予定を確認、編集することが容易だ。

スマホでスケジュール管理するデメリット

  • データが消える恐れがある
  • 仕事中や会議中にスマホを触ってスケジュールの確認をするのが難しい

などのデメリットがある。

スマホやPCでスケジュール管理する際に一番気をつけたいのはデータだ。このデータを誤って消去してしまった時には絶望が待っている。自分で消去しなくてもスマホを落としてしまい電源が入らずデータを復元できないという事になってもダメだ。

バックアップを取ることで万が一の際にも対応できるが、バックアップを取ること自体、人によっては難しく感じてバックアップを取っていない人も多いのではないだろうか。そのような人は万が一、データが消滅した時にはスケジュールを確認する術が無くなってしまう。

手帳やノート、メモ帳は時系列で進むため見返しにくい

学生時代、ノートを使い勉強をしていた。黒板に先生が書いた内容をノートに書き写していた。科目ごとに利用するノートを使い分けていたと思う。

そして、会社に就職し社会人になっても業務を覚えるために手帳やノート、メモ帳に書いている。

あなたは、手帳やノート、メモ帳を見返す時にこのように思ったことはないだろうか?

「どこに書いたか分からない!、見にくい!」

手帳やメモ帳やノートは左から右に時系列で書いていくため、いざ確認しようと思った時、◯◯◯がどこに書いたかを探すのが本当に大変なのだ。

学生の頃の勉強は時系列で進むためノートで十分だが、社会人は別だ。時系列に進む手帳やノート、メモ帳では効率が非常に悪い

そこで私が推奨するのがシステム手帳である。

社会人に特にオススメなのがシステム手帳

今まで仕事を覚えるためのメモに関しては小さいメモ帳を持ち歩き書いていたが、幾度も見返しにくいと感じていた。

あまりの見にくさに清書用のメモ帳も購入していた。しかし、何かと面倒だったため考えついたのはルーズリーフである。

ただ、ルーズリーフはそもそも種類が少なく仕事でも使えて、自分自身の気に入る高級感のある革の物はなかなか見つからなかった。

休みの日は文房具店巡りをし捜索したが、自分好みの物は見つからなかった。そんなあるとき思ったのはシステム手帳だ。

就職して初めて手帳を買い仕事に関するスケジュールは手帳に記入していたので自分好みにカスタマイズできるシステム手帳であれば仕事でも使えてページも一枚一枚好きな位置に移動することが容易で私に一番合っていると思った。

しかし、システム手帳というのは普通の手帳と違い、いい値段するのだ。

もちろん3000円ぐらいでも売ってはいるのだが、やはり8000円から20000円するものとは高級感や使い勝手が違う。

それなりに良いシステム手帳を購入しようと思うと10000円以上はするため非常に迷った。

買えない値段ではないが、本当にシステム手帳は必要なのだろうかと何度も自問自答した。

私はウェブサイト(通販など全般)の登録ID、passwordをエクセルなどのデータとして保管している。データだけにすると万が一データが消えた際に非常に困るためノートなどにも記入し保管しようと考えていた。

品質の高いシステム手帳であれば長く使えて良いのではないかと考え、仕事とプライベートの両方でシステム手帳を利用しようと決め購入に至った。

システム手帳は最高にいい

システム手帳を利用し始めて1ヶ月ほど経つが本当にいい買い物をしたと思う。
仕事、プライベートのメモを書け、必要なくなればそのメモは捨ててスッキリさせることができる。

メモの場所を移動させたければ移動でき、すぐに探し当てることができる。(←ここ非常に重要)
見た目も革製品なのでビジネスシーンでも問題なく使える。もちろんプライベートでも使える。

私の持っているシステム手帳を見て同僚から「それいいね」と何度も言われた。今までずっと悩んでいたことがが解消され本当に嬉しく思う。

りょたりょたのシステム手帳